医療関係の皆様へ

眼科

研修受け入れ科

眼科


研修プログラムの概要・特徴

当科は眼科疾患全般の診療を行っており、幅広い眼疾患に対する診断能力の育成を目標とする。治療としては、顕微鏡下にての白内障手術や外眼部手術、外来において緑内障や網膜疾患に対するレーザー治療を行っている。様々な疾患に対する診断能力を養うとともに、緊急疾患に対する診断と初期治療、専門施設への紹介を判断する能力の習得も目指す。


研修の目標

一般目標
  1. 眼科基本新療法を習得する
  2. 眼科検査の基本手技を習得する
  3. 代表的な疾患や緊急疾患の診断と適切な治療を理解し、眼科における基本処置法を習得する
行動目標
  1. 検査
    視力検査・屈折検査ができる 
    眼位・眼球運動・対光反射を理解できる
    視野検査を理解できる
    眼圧測定ができる
    眼底写真が撮影できる
    眼窩部のCT・MRIが理解できる
  2. 診察
    眼疾患をふまえた病歴聴取ができる
    外眼部(眼瞼 涙器)の診察ができる
    細隙灯顕微鏡を用いて、結膜・角膜・前房・水晶体・虹彩・隅角の診察ができる
    倒像鏡を用いて眼底の診察ができる
  3. 診断と治療
    代表的な眼疾患の診断ができ治療方法を計画できる
    眼科緊急疾患の診断ができ、適切な対応ができる
    点眼薬の基本的知識を得る
    レーザー治療について正しい知識と手技を習得する
    手術における消毒方法・局所麻酔法を習得し、顕微鏡下手術での手術助手ができる
    睫毛抜去や結膜・角膜異物除去ができる

研修の方略(スケジュール等)

指導医のもと外来診察を行い、眼科検査・眼科診察の基本手技を習得する。

  1. 経験する主な疾患
    屈折異常・角膜炎・結膜炎・白内障・緑内障・糖尿病網膜症
  2. 主な基本検査
    視力検査・屈折検査・眼位・緩急運動・細隙灯顕微鏡・限定検査・眼圧検査・視野検査・眼底写真撮影・蛍光造影検査・超音波検査

指導医ともに入院患者を担当し、術前・術後検査及び眼科一般検査を行う。

手術の際は助手として手術に参加し、術前の消毒法・局所麻酔法・顕微鏡下手術の基本的手技を習得する。

手術・入院症例に関してのカンファレンスを行い、眼科的プレゼンテーションを習得し、方針決定を学ぶ。


研修の評価

研修医は研修内容について目標に沿って5段階の尺度評価をうけ、行動目標の達成度評価をうける。


研修指導責任者

指導医

森田 保彦(正)

  • 広報 恒星
  • 関連施設
  • 訪問看護ステーション
  • 球磨地域在宅医療サポートセンター
  • 医療社会事業課
  • ボランティア募集
  • 工事関係・入札等
  • 出前講座
  • お出迎え講座
ページの先頭へ