医療関係の皆様へ

整形外科

整形外科

目的と特徴

整形外科領域における主要疾患の診断と治療および外傷におけるプライマリ・ケアを研修する。

指導医
  1. 研修指導責任者
    浪平 辰洲(整形外科部長)
  2. 指導医
    増田 寛
研修内容と到達目標
  1. 研修内容
    日本整形外科学会の教育研修委員会で作成した到達目標に準拠した研修を行う。
  2. 行動目標
    運動器系に疾患・外傷に対応できる基本的診察能力と基本的手技を修得する。
  3. 経験目標
    1)骨折の伴う全身的・局所的症状を述べることができる。
    2)間接の脱臼・捻挫・靱帯損傷の局所症状を述べることができる。
    3)神経、血管、筋腱損傷の症状を述べることができる。
    4)脊髄損傷の症状を述べることができる。
    5)開放骨折を診断でき、その重傷度を診断できる。
    6)骨・関節感染症の急性期の症状を述べることができる。
    7)変形性関節症、骨粗鬆症の病態を理解できる。
    8)腰痛、歩行障害、四肢のしびれの症状、病態を理解できる。
    9)腰椎椎間板ヘルニアの症状、病態を理解できる。
    10)一般的な外傷の応急処置(創処置、副木固定など)ができる。
    11)受け持った患者の症状、経過の記載ができる。
    12) 四肢外傷、脊椎外傷の診断と基本的治療の習得
    13) 四肢の骨折の保存的治療(ギブス固定、副木固定、牽引療法)
    14) 四肢骨折の観血的骨接合術(内固定、創外固定)
    15) 開放性骨折の初期治療
    16) 脊椎、脊髄損傷の初期治療(primary care)
    17)捻挫のテーピング
    18) 腱・神経・血管損傷の初期治療
    19) 整形外科的疾患の診断法(診察法、検査)の基本の習得
    20) 四肢外傷、脊椎外傷の診断と治療
    21) 整形外科的疾患(common disease)の診断と保存治療、一部手術的治療
    22) 画像診断:X線像、脊髄造影、CT像、MRI、超音波診断
    23) 神経根ブロック(腰椎)、仙骨裂孔硬膜外ブロック、腰椎麻酔
    24) 膝関節鏡視下手術、軟部腫瘍の摘出、骨粗鬆症の治療、関節リウマチの治療
    25) 人工関節置換術(膝、股関節)、人工骨頭置換術(大腿骨頭、上腕骨骨頭)
週間スケジュール・時間割等
月~金 8:00~ 病棟回診
月・火・水・金 午後 手術
16:00~ NSTリハビリ合同カンファランス

研修指導責任者

浪平 辰州

指導医

増田 寛

  • 広報 恒星
  • 関連施設
  • 訪問看護ステーション
  • 球磨地域在宅医療サポートセンター
  • 医療社会事業課
  • ボランティア募集
  • 工事関係・入札等
  • 出前講座
  • お出迎え講座
ページの先頭へ