医療関係の皆様へ

小児科

研修受け入れ科

小児科


研修プログラムの概要・特徴

概要

1ないし2ヶ月間の研修期間中に小児科外来診療及び入院診療・地域保健を実践する。

当科は日本小児科学会小児科専門医制度の関連施設であり、新生児から中学生までの疾患を幅広く扱っている。外来診療時間は月曜日から金曜日までの午前8時30分~11時と午後1時~4時までであり、火・水・木曜日の午後は健診・予防接種・慢性疾患などの特殊外来を行ったり、地域の乳幼児健診に出かけることがある。

時間外診療に関しては、日曜祝日の9時~17時は、人吉・球磨地域の小児科医輪番制にて対応している。その他の時間帯には、救急外来にて小児科医以外の医師が担当し、初期診療を行うシステムになっており、重症者に対してのみ小児科医が呼び出されての対応となる。

特徴

当科では子供の健康に関する便利屋を目指して、患者さんから気軽に相談いただける雰囲気作りを心掛けている。

小児科の常勤医は1名であるが、子供がかかる病気の殆どを診療でき、特に感染症とアレルギー疾患を得意としている。感染症に関しては、できるだけ抗菌薬を使用しない治療を心掛けており、中耳炎に対する鼓膜切開排膿もその一環として行っている。平成20年3月31日現在の鼓膜切開経験数は、2500例を超えている。喘息やアトピー性皮膚炎などアレルギー疾患の患者の治療には豊富な経験があり、小児喘息の外来患者数は熊本県内でトップクラスである。

また、ドップラー心エコー装置を外来診療室と小児科病棟に設置し、川崎病での冠動脈病変観察・1ヶ月健診・心雑音患者・腎疾患患者などで使用している。

入院診療は喘息、肺炎・気管支炎、胃腸炎・脱水症、けいれんの治療が主になる。川崎病や腸重積症、ネフローゼ症候群、髄膜炎などの特殊な疾患も扱っているが、未熟児や複雑心奇形、悪性腫瘍などに関しては、スタッフが充実している熊本大学病院をはじめとした3次医療施設へ紹介している。

検査・治療機器

ドップラー心エコー装置小児科外来と小児病棟に1台ずつ計2台、血管確保用赤色LED装置2台、輸液監視装置3台、肺機能検査装置1台、喘息用間欠的加圧呼吸器1台、ネブライザー吸入器4台。

小児科スタッフ

副企業長兼診療部長兼小児科部長:師井 敏裕

所属学会

日本小児科学会代議員・日本小児アレルギー学会会員・日本小児感染症学会会員

専門医・資格

小児科専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)


研修の目標

一般目標

小児およびその保護者との意思疎通をはかり、成長発育過程にある小児の生理的変動が観察でき、小児・乳幼児・新生児の診察法を修得できるようにする。また、小児の急性および慢性疾患の病態と特性を知り、疾病に応じた小児に特異的な検査と治療が施行できるようにする。

行動目標
  1. 患者-医師関係
    1. 小児(特に乳幼児)とコミュニケーションがとれるようになる。
    2. 保護者から診断に必要な情報を的確に聴取することができる。
    3. 病児および保護者が納得できる医療を行うために、相互の了解を得、話し合いができる。
    4. 守秘義務を果たし、病児のプライバシーへの配慮ができる。
  2. チーム医療
    1. 指導医や専門医・他医に適切なコンサルテーションができる。
    2. 同僚医師・後輩医師への教育的配慮ができる。
    3. 入院病児に対して他職種の職員とともに、チーム医療として病児に対処できる。
  3. 問題対応能力
    1. 指導医とともに保護者に適切に病状を説明し、療養の指導ができる。
    2. 小児診療における自己評価および第3者による評価をふまえた問題対応能力を身につける。
  4. 安全管理
    1. 現場での小児医療の安全を理解し、安全管理の方策を身につけ、医療事故対策に取り組む。
    2. 医療事故防止および事故発生後の対処について、マニュアルに沿って適切な行動ができる。
    3. 小児病棟特有の院内感染対策を理解し、その対策について理解した対応ができる。
  5. 病例呈示
    1. 小児疾患の症例呈示と討論ができる。
    2. 小児臨床症例に関するカンファレンスに参加する。
  6. 医療の社会性
    1. 病児の疾患の全体像を把握し、医療・保険・福祉への配慮ができる。
    2. 小児科領域の医の倫理や生命倫理について、保護者と話し合いながら適切に行動できる。

研修の方略(スケジュール等)

 午前午後
小児科病棟、外来 外来、小児科病棟、入退院症例検討会
小児科病棟、外来 外来、小児科病棟、健診
小児科病棟、外来 外来、小児科病棟、健診、臨床抄読会
小児科病棟、外来 外来、小児科病棟、健診
小児科病棟、外来 外来、小児科病棟

※救急患者来院の時は、指導医とともに対応する。

※外来実習では小児の疾病全てが対象となり得るが、特に感染症・アレルギー疾患・発達障害・内分泌患者の診療・処置・検査を行い、乳幼児健診や予防接種なども行う。

※病棟実習では小児入院患者の診療・検査・処置を行う。


小児科での研修の評価

研修医記録(EPOC)と実技によって達成度を確認する。

評価は研修終了後にEPOCを利用して研修指導責任者が行う。


研修実施責任者

小児科研修実施責任者兼研修指導責任者【指導医】

師井 敏裕

  • 広報 恒星
  • 関連施設
  • 訪問看護ステーション
  • 球磨地域在宅医療サポートセンター
  • 医療社会事業課
  • ボランティア募集
  • 工事関係・入札等
  • 出前講座
  • お出迎え講座
ページの先頭へ